Top
Peptan / 体内のコラーゲン

体内のコラーゲン

コラーゲンは、体の結合組織内の主要たん白質です。肌、軟骨、骨の形成、弾力性、強度を確かにします。

コラーゲンとは?

コラーゲンは、3つのアミノ酸鎖から形成された三重らせんで、強固な繊維をなし、体の組織を成します。コラーゲンは体内で最も最も豊富なたん白質であり、総たん白質含有量の約30%を占めています。体の結合組織の形成、弾力性、強度に寄与し、皮膚・軟骨・骨の形状と機能を維持しています。

Woman drinking water
quote_mark_top

コラーゲンこそが、私たちの体の結合組織に強度と結合力を供しています。

quote_mark_bot

コラーゲンの分布 

体内にある別の細胞がコラーゲンを生成しています。細胞は、大きなコラーゲン三重らせんに巻きついた長い鎖のブロック形成として、特定のアミノ酸を使います。複数のらせんが強力な繊維となり、構造組織を支え、柔軟性と維持力を有します。

75

皮膚

コラーゲンは皮膚の乾燥重量の75%を構成しています。皮膚構造の主な構成要素としてコラーゲン繊維は、皮膚の弾力性を維持するエラスチンと、潤いを保つヒアルロン酸のための基盤を供給します。

85

腱は、筋肉と骨を結ぶ強い線維結合組織です。筋収縮では、腱は力を伝達し、張力に耐えます。腱はⅠ型コラーゲンを85%、他にプロテオグリカンを含みます。

70

関節の軟骨

関節の軟骨は細胞構築ブロックで形成され(軟骨細胞)、細胞外マトリックスを生産し、コラーゲンとプロテオグリカンから構成されています(主としてアグリカン)。コラーゲン繊維は軟骨の70%を占め、構造と強度に影響を与えています。またプロテオグリカンは関節の潤滑剤としての役割があります。

90

骨質量の90%を占めるコラーゲンは、カルシウムや他のミネラルを有する構造的枠組みを供しています。コラーゲン繊維は骨の柔軟性も生み出しています。

コラーゲンに関する事実

コラーゲンに関するいくつかの事実を発見:その存在
人体とその影響

コラーゲンの喪失はいつ始まるのでしょう

コラーゲンは体の重要な要素ですが、年をとるにつれその生成量はだんだんと減り始めます。このプロセスがいつ始まり、体にどのように影響するか見てみましょう。

コラーゲンの補給

コラーゲンは私たちの体内で自然に作られます。30歳前後でコラーゲン生産が減り始めると、コラーゲンを外から摂取することで恩恵を受ける人々が増えていきます。

コラーゲンの起源と構造

コラーゲンは私たちの体内で自然に、かつ大量に生成します。

AdobeStock_250483153_collagen triple helix

Ⅰ型とⅡ型 – 何が違う?

Ⅱ型コラーゲンとⅠ型コラーゲンは、成分の細部について異なる部分があります:アミノ酸の鎖の順番がⅠ型とⅡ型ではわずかに異なります。Ⅱ型は3つの同一のコラーゲン鎖でできており、一方Ⅰ型のらせんには2つの同一の鎖と、第3の別の鎖が含まれます。

コラーゲンタイプが異なると、役割が異なる

体内には多様な形状のコラーゲンがあります。
うち80~90%はⅠ型、Ⅱ型またはⅢ型です。
それぞれのタイプの原繊維構造は同じです:アミノ酸の長鎖3つがコンパクトな三重らせん構造ですが、分子レベルには重要な違いがあります。

AdobeStock_188923624_woman doing stretching

Ⅰ型コラーゲン: 強い皮膚、腱、靱帯

Ⅰ型コラーゲンは最も長い三重らせんを有します。これによりⅠ型コラーゲンの構造は極めて安定しているため、強い繊維網を形成し、破断せず長く延びています。こうした弾力構造により、体を支え、柔軟性を与えます。

Ⅰ型コラーゲンは体のどこにでも見られます。骨質量の90%以上を占め、皮膚、腱、靱帯の主要部分を構成しています。
詳しく見る

AdobeStock_198736829_woman doing exercise

Ⅱ型コラーゲン:柔軟性ある軟骨

Ⅱ型は軟骨に存在するコラーゲンです(軟骨にはⅠ型はない)。最も重要なのは、これはグリコサミノグリカン(GAG)を含む天然マトリックスとして生じる点です。Ⅱ型は組織に引張強度と弾力性を与えますが、GAGは軟骨を潤滑にします。両者で衝撃を吸収し圧力に耐える為の、完全なマトリックス構造を供します。
詳しく見る

shutterstock_720115021_young black woman smiling

Ⅲ型コラーゲン: 肌の回復と弾力性

Ⅲ型コラーゲンはⅠ型と共存していることが多くあります。例えば、肌がダメージから回復する時、Ⅲ型コラーゲンは瘢痕組織として現われます。また血管壁にも見られ、弾力性を保つ主な役割を果たしています。

免責事項

無断転載を禁じます。本書のいずれの部分についても、その形式または手段に関わらず、また、データベースに保存するか情報検索システムに保存するかにも関わらず、ルスロによる事前の書面による承諾なしに再生、配布または翻訳することを禁じます。本書のすべての内容に関する著作権はルスロがこれを独占的に所有するものとし、本書に記載された当社製品の名称および製品自体に対する知的財産権はすべてルスロに帰属するものとします。また、本書のいずれの部分も、ルスロの知的財産権のライセンスを(明示的または黙示的のいずれかに関わらず)付与するものではありません。ルスロによる事前の書面による合意なしに、製品名称、イメージ、写真、および文章の複製または使用することを禁じます。ルスロは掲載されている情報の正確性、信頼性、または完全性について明示的または黙示的のいずれかに関わらず、いかなる責任を負わず、保証を行わないものとして、掲載した情報に対する法的責任も問われないものとします。本ウェブサイトの情報の利用は、各自の判断と責任で行ってください。本ウェブサイトのいかなる部分も、各自が独自に適性の判断と試験を行うこと、およびすべての適合法および規則に準拠する義務を免除するものではなく、また第三者の権利を保護する義務を免除するものではありません。本製品は疾病の診断、治療、治癒、または予防を意図して開発されたものではありません。医療的処置や食事療法を受けている、またはリハビリ中の場合に本製品を併用する場合は、ご利用前に必ず担当の医師に相談を行ってください。本書で推奨されているルスロ製品の使用やその他の主張については、各地域の最新の規制環境に合わせて考慮する必要があります。この声明は、食品医薬品局による評価を受けていません。