Top
Peptan / FAQ
コラーゲンについて詳しく知りたいです
コラーゲンとは何ですか?

コラーゲンは体内で最も豊富なたん白質であり、体内のたん白質の約30%を占めています。コラーゲンは、皮膚、腱、靭帯、軟骨、骨など、すべての結合組織の粘着性、弾力性および強度を確保するために重要な構造たん白質です。

コラーゲンにはどのような種類がありますか?

私たちの体内にはさまざまな種類のコラーゲンが存在し、その80〜90%がI型、II型またはIII型のいずれかであり、I型が最も一般的です。さらに詳しく

コラーゲンのメリット

コラーゲンは加水分解されると、非常に消化されやすく、生体利用可能になります。加水分解されたコラーゲンペプチドは生理活性があります。研究によって、コラーゲンペプチドのⅠ型とⅡ型には異なる健康上のメリットがあることが分かっています。さらに詳しく

コラーゲンはどこで生成されますか?

コラーゲンは私たちの体内に自然に存在し、骨、筋肉、皮膚および腱に存在する最も豊富なたん白質です。コラーゲンのサプリメントは、通常、牛、豚、魚などの動物由来のネイティブコラーゲンを加水分解したコラーゲンペプチドです。
さらに詳しく.

特定の動物由来のコラーゲンペプチドは他のものより優れていますか?

実際、コラーゲンが加水分解されると、その三重らせんが解けて、長いアミノ酸鎖がアミノ酸の小さなペプチドに分解されます。ペプチドは、体内で消化されると作用部位に運搬されます。そのため、コラーゲンペプチドはどの動物由来のものあっても、その性質に大きな違いはありません(魚、牛、豚由来のコラーゲンのアミノ酸組成はほぼ同じです)。実際には、個人の好みの問題になります。

ペプタンについて詳しく知りたいです
ペプタンとは何ですか?

ペプタンは、Rousselot社が製造および販売している世界をリードするコラーゲンペプチドのブランドです. さらに詳しく.

ペプタンはどのような種類のコラーゲンですか?

ペプタンはI型コラーゲンペプチドです。ペプタンの製品シリーズにおいて、ペプタン IImは加水分解されたII型コラーゲンマトリックスです。

ペプタンは他のコラーゲン製品とどのように異なりますか?

ペプタンは科学的エビデンス (証拠) に裏付けられています。当社では、皮膚の美しさ、関節の健康、運動からの回復に対するペプタンのメリットを示す臨床研究の結果と、ペプタンの細胞レベルでの効果を説明する、機構的データを公表しています。さらに、前臨床研究からの包括的データによって、ペプタンが健康な骨の維持に役立つことが判明しています。このように、ペプタンは筋骨格系と皮膚の健康を維持するための総合的なソリューションを提供する独自のコラーゲンペプチドです。当社の科学チームは、利用可能な科学的知見を応用し、コラーゲン製品の新しい健康分野を探求するために継続的な取り組みを行っています。最近発売されたペプタンIImは、加水分解II型コラーゲンマトリックスです。これを低用量で摂取した場合の関節に対する健康上のメリットも、科学的エビデンスによって裏付けられています。

Benefits of Peptanペプタンのメリットは?

ペプタンは、筋骨格の健康、皮膚および髪の健康をサポートすることが、複数の科学的研究で実証されています。ペプタンは全般的な健康上のメリットをサポートすることが知られています。

製品は分子量が小さいほど優れていますか?

ペプタンは分子量5000Daと2000Daの2種が製造されています。どちらの製品も生体利用率が非常に高く、消化・吸収されて同じ効果を現します。

スポーツ栄養でペプタンが使用されるのはなぜですか?

ペプタンは生体利用率が高く、安全で高純度です。過激な運動プログラム中とその後に身体に必要となる非常に重要なたん白源です。最近の臨床研究によって、運動後の回復のためのコラーゲンペプチドが有効であることが判明しています。

高齢者の栄養でペプタンが使用されるのはなぜですか?

高齢になると関節がこわばり、骨が脆くなり、筋肉量が減少します。骨、関節および筋肉には共通の成分であるコラーゲンが含まれています。1日10gのペプタンを摂取すると、組織の健康を維持し、動きやすさの改善に役立ちます。

コラーゲンペプチドの吸収および効能は適用量によって左右されますか?

はい、そのとおりです。関節の健康分野における当社の機構的研究は、軟骨構造および炎症に対するペプタンの効果が用量依存的であることを明らかに示しています。これは、ペプタン吸収の用量依存性と高い関連性があり、投与量とともに血中ヒドロキシプロリン量が高くなりました。科学的に見て、効果に用量依存性があることは、生理学的に重要な意味を持ち、これはペプタンのサプリメントの重要性に繋がります。

健康促進のためにペプタン摂取を開始すべき時期はいつですか?

ペプタンは、高齢化する消費者やアスリートなど、関節や骨の症状が出やすい方にはすぐに摂取いただきたい予防栄養です。また、ペプタンは皮膚の老化プロセスを予防および阻止する効果的なソリューションです。ペプタンは病気の診断、治療、治癒または予防を目的としたものではありません。

ペプタンはどのように骨の健康に役立ちますか?

コラーゲンは有機骨量の90%を占めます。骨は連続的にターンオーバー (破壊と再構)が生じる動的な組織です。当社が公表したエビデンスは、ペプタンが新しい骨組織形成を効果的に促し、同時に骨破壊を遅延させることを示しています。加水分解コラーゲンのサプリメントを1日あたり10g、3〜12か月間摂取することで、骨量密度の増加が観察されました。

ペプタンは肌の美しさに対してどのように作用しますか?

肌への水分補給が不足すると、はりの低下としわの発生の原因になります。当社はペプタンが肌の水分レベルを改善することを示しました。さらに、ペプタンは皮膚深層のコラーゲンネットワークの密度を高め、繊維構造を改善します。

最初の効果が現れるまでにどのぐらい時間がかかりますか?

臨床試験によると、1日5〜10gのペプタンを毎日摂取すると、肌の水分補給、ハリおよび弾力性、つまり若さと美しさを維持するのに有効です。一部の試験では、1〜2か月後に肌の水分保持が改善することが示されています。関節の健康を維持するためのコラーゲンペプチドのメリットを実証した試験もいくつかあります。大部分の試験で、3か月以内で効果が現れることが示されています。

ビタミンまたはミネラルと一緒に摂取できますか?また、そのどちらが最良ですか?

はい、ペプタンは純粋なたん白質であり、100%安全です。多くの最終製品で、ペプタンはビタミンC、ビタミンDなどと、特定の健康上のメリットを目的にブレンドされます。一部の試験で、例えばカルシウムなどの他の栄養素と一緒にコラーゲンペプチドを摂取することによる相乗効果が示されています (Liuおよびその他PLoSONE 10(8): 2015)。

ペプタンとペプタンIIm。これらについての詳細を以下に記載します。
ペプタンIImのメリット

ペプタンIImは、天然由来の軟骨から抽出した加水分解されたII型コラーゲンマトリックスであり、少ない1日量 (1〜3g) で関節の健康をサポートするために特別に開発されました。

どのペプタンを摂取すべきですか?

期待される効果によって異なりますが、肌、髪および運動など、全体的な健康サポートを望んでいる場合、ペプタンがお勧めです。関節の健康増進を希望する場合、ペプタンIImをお勧めします。

ペプタンとペプタンIImは関節の健康にどのような効果がありますか?

ペプタンとペプタンIImはいずれも、関節の不快感を緩和する、関節機能を促進する、炎症を軽減することができるとうエビデンス があります。対象集団はアスリート (関節にストレスがかかる) から高齢者 (関節のこわばりなど、日常の運動が制約されやすい集団) まで多様であるため、様々な可能性のある用途が存在します。ペプタンIImはペプタンと比べ低用量で、軟骨を保護し、クッション性、潤滑性および抗炎症効果があり、関節の健康をサポートします。

ペプタンとペプタンIImを日常の食事にどのように組み込んだらいいですか?
ペプタンを摂取するのに最適なタイミングはいつですか?

ペプタン、コラーゲンペプチドは純粋なたん白質であり、一日のうちのいつでも摂取できます。

コラーゲンを摂取する頻度はどれくらいですか?- 週に何回摂取するのが最適ですか?

当社が行った試験によると、ペプタンを毎日摂取すると健康への効果が認められます。従って、ペプタンの有効性を確保するには毎日摂取することをお勧めします。

ペプタンおよびペプタンIImはどのように摂取するのですか ?

純粋な粉末のペプタンは、味と匂いがあまりなく、冷水に溶けやすいため、ライフスタイルに適したさまざまな種類の食品や飲み物に簡単に混ぜて摂ることができます。ぜひお好きな飲み方を見つけてください。最終製品のペプタンには、そのまま飲めるもの、乳製品やゼリーなどになった製品もあります。最終製品のペプタンIImは、1日当たりの用量が少なく、通常はカプセル、打錠またはワンショットドリンク等の形で販売されており、簡単に摂取できて便利です。

妊娠期、乳児・児童または青少年期にペプタンおよびペプタンIImを服用してもいいですか?

ペプタンを使用した臨床試験は、妊婦、乳児・児童、青少年期では実施されていません。ペプタンを摂取する前に必ず医師に相談してください。

健康を促進するために、いつペプタンとペプタンIImの服用を開始すべきですか?

ペプタンは、高齢者やアスリートなど、関節や骨の症状が出やすい方たちにすぐにでも摂取していただきたい予防栄養です。また、ペプタンは皮膚の老化プロセスを予防および阻止する効果的なソリューションです。ペプタンとペプタンIImは病気の診断、治療、治癒または予防を目的としたものではありません。

詳しいことを知りたいのですが、ダウンロードできるドキュメントはありますか?

当社のRousselot Health and Nutrition ウェブサイトでは、ペプタンについて詳しく知りたい方向けに、パンフレット、ホワイトペーパー、インフォグラフィックなど、多数の資料を提供しています。こちらをクリックしてご覧ください。

免責事項

無断転載を禁じます。本書のいずれの部分についても、その形式または手段に関わらず、また、データベースに保存するか情報検索システムに保存するかにも関わらず、ルスロによる事前の書面による承諾なしに再生、配布または翻訳することを禁じます。本書のすべての内容に関する著作権はルスロがこれを独占的に所有するものとし、本書に記載された当社製品の名称および製品自体に対する知的財産権はすべてルスロに帰属するものとします。また、本書のいずれの部分も、ルスロの知的財産権のライセンスを(明示的または黙示的のいずれかに関わらず)付与するものではありません。ルスロによる事前の書面による合意なしに、製品名称、イメージ、写真、および文章の複製または使用することを禁じます。ルスロは掲載されている情報の正確性、信頼性、または完全性について明示的または黙示的のいずれかに関わらず、いかなる責任を負わず、保証を行わないものとして、掲載した情報に対する法的責任も問われないものとします。本ウェブサイトの情報の利用は、各自の判断と責任で行ってください。本ウェブサイトのいかなる部分も、各自が独自に適性の判断と試験を行うこと、およびすべての適合法および規則に準拠する義務を免除するものではなく、また第三者の権利を保護する義務を免除するものではありません。本製品は疾病の診断、治療、治癒、または予防を意図して開発されたものではありません。医療的処置や食事療法を受けている、またはリハビリ中の場合に本製品を併用する場合は、ご利用前に必ず担当の医師に相談を行ってください。本書で推奨されているルスロ製品の使用やその他の主張については、各地域の最新の規制環境に合わせて考慮する必要があります。この声明は、食品医薬品局による評価を受けていません。