Top
Peptan / 歴史

歴史

創立時からの素晴らしいペプタン(Peptan)の歩みをご覧ください。

ペプタンの始まり

ペプタンの歴史を創ったRousselot社の足跡を、1891年の創立から簡単に見てみましょう。

Rousselot Factory

歴史は1891年にフランスで始まります。Edouard Rousselot(エドゥアール・ルスロ)は家族経営会社を創立しました。ゼラチン生産を開始したのです。

World map

会社は年々、急速に拡大し、高品質で安全性高い製品を目指すコミットメントにより、コラーゲンの成分についての広範囲の理解を得ることが可能になりました – 運用、技術の両面についてです。2008年にルスロは、革命的なプロセスで、ペプタン(Peptan)コラーゲンペプチドの生産を開始しました。2018年には、ペプタンIImなどのコラーゲンを用いた新タイプの製品が開発されました。

Flags of different countries

今日、ルスロはコラーゲンを多く含む原材料から由来した数百もの製品群を製造し、流通させています。わずか数年で、ペプタンはコラーゲンで世界を代表するブランドになりました。

当社の歴史

 ペプタンの歴史を一歩一歩たどります。

1891年

ルスロ社の創立により、今日のゼラチン界を代表する世界的メーカーのルーツが誕生しました
フランス人ビジネスマンであるエドゥアール・ルスロがルスロ社を創立したのです。創立当時の主なビジネスは「にかわ」の生産でした。ゼラチン製造は1900年頃に始まりました。

1929年

フランス・Angoulême(アングルーム)の工場を買収
ゼラチン工業の急成長の時期でした。ルスロはゼラチン・にかわ工場 SCF (société des colles de France) を買収しました。

1930年

フランス L’Isle-sur-la Sorgue
(リル=シュル=ラ=ソルギュ)工場を買収した翌年、リル=シュル=ラ=ソルギュはルスログループに加わり、写真産業向けのゼラチンの製造に特化しました。ルスロが写真用ゼラチンを初めて作ったメーカーとなりました。現在も、アングレムとリル=シュル=ラ=ソルギュは稼働しており、ルスロの重要な工場となっています。詳しく見る

1962年

ベルギー、ヘントの工場が完成
にかわとゼラチン産業の成功を受けて、当社は1950年代より輸出を開始しました。1962年、ゼラチン工場をベルギー、ゲントに建設し、会社は拡大しました。

1963年

フランス化学工業界のリーダーとなる
当社はこの時点までに1000人を雇用し、フランス国内で第250位の規模の会社としてランクインしました。

1977年

ルスロはATO Chimieの
員となり、1968~1976年の間に、3億1500万フランから10億6400万フランまで急成長をとげました。ルスロは信頼に足るパートナーの支援を求めていました – Elf-AquitaineとTotal (ATO Chimie)です。ルスロの従業員は4000名まで成長しました。詳しく見る

1984年

ルスロはSanofiの傘下となりました
Elf-Aquitaineの子会社であるSanofiがルスロを買収し、1991年までに、ルスロは米国DubuqueとスペインGironaの工場を買収しました。

1994年

ルスロは SKW の一員に
ドイツのVIAGの子会社であるSKWがSanofi Bio Industriesを買収しました。

1996年

アジアの発展とルスロの構造改革により
ルスロはアジアでの国際的な拡大を追求しました。中国開平の工場を買収しました。2000年代初頭、営業拠点はマレーシア・クアラルンプール、東京に、合弁による工場が中国の温州と大安に設立されました。詳しく見る

2002年

ルスロは Vion の一員に
VIONフードグループは、ルスロの発展に以前より注目しており、中国、ブラジルでの事業拡大計画を支援し、成長する加水分解コラーゲン市場で事業を拡大しました。

2008年

ルスロはゼラチン製造の世界ナンバー1に復帰しました
ブラジルゼラチン市場のリーダーで、世界トップ10の大規模メーカーブラジル企業Rebiereの買収により、ルスロはナンバー1の座を取り戻しました。

2008年

ルスロはPeptan(ペプタン)ブランドと企業を買収
ルスロは、ドイツ企業BHJ Products GmbHが供給していた広範囲のペプタンコラーゲンペプチドの買収により、健康・栄養セクターに関して専門性を持つ長い歴史に基づく製品供給を強化しました。

2014年

ルスロはDarling Internationalの一員に
Vionは、持続可能な食品、飼料、燃料の原料ソリューションの世界的リーダーであるDarling Ingredients International社に買収されました。今後もVionは、ルスロのゼラチンとペプタン(Peptan)コラーゲンペプチドの成長をサポートし続けます。

2018年

関節の健康に一歩近づくペプタンIIm
ペプタンの成功を受けて、加水分解Ⅱ型コラーゲンマトリックスとして関節の健康向けに特殊開発されたペプタンIImがペプタンのポートフォリオに加わりました。

2019年

Rousselotはマーケットの進化と消費者のニーズに適合するため再ブランド化を行いました。Rousselotは、顧客に向けてオーダーメイドのサービスを供給するよう3つの主要セグメントに再構成されました - Rousselot Health & Nutrition(健康・栄養)、Rousselot biomedical(バイオメディカル)、Rousselot Functional Ingredients(機能性成分)です。ペプタン(Peptan)は、Rousselot Health & Nutrition セグメントに属しています。