Top
Peptan / 関節と骨の健康

関節と骨の健康

関節の健康をサポートするコラーゲンペプチドの効能は、多くの科学的な調査で裏付けられています

健康な関節と骨の維持

活動的なライフスタイルを楽しみ、高齢になっても運動能力を維持したいと人々は考えているため、ますます多くの方が若年齢の頃から関節と骨の健康を意識するようになっています。これを感じるのは高齢者ばかりではないのです。私たちの中の(週に1度か2度運動する)「週末戦士」でさえ、関節の痛みを感じることがよくあります。もちろん、プロのアスリートたちは言うまでもありません。コラーゲンは軟骨組織の主要な構成成分であり、結合力を維持することが、健康と柔軟な関節の維持には不可欠です。
骨は、均衡のとれた破壊と形成のプロセスを常に繰り返す動的な組織です。これにより、人生を通して健康を保ち、骨折を防いでいるのです。私たちの骨量の90%はコラーゲンです。コラーゲンが骨内に有機骨格を提供し、そこにミネラルが堆積して更に骨に柔軟性や強度をもたらします。老化や、ある種のライフスタイルによって、骨の質は低下します。

AdobeStock_243630687_seniors exercising

 ペプタンは、関節と骨の健康を促進することが科学的に証明されています(2,3,4,5,6)。ペプタンIImは加水分解したコラーゲンタイプIIマトリックスであり、1日にわずかの量を摂取するだけでも関節の健康を増進するよう開発されました。(1)

基礎にある科学技術

ペプタンの基礎となっている科学について調べましょう。

関節の健康にペプタンIIm

天然由来のペプタンIImは、生理活性Ⅱ型コラーゲンペプチドとグリコサミノグリカン - コンドロイチン硫酸とヒアルロン酸 - を含むユニークな加水分解軟骨マトリックスです。健康な軟骨を劣化から効果的に保護する成分が含まれています(1)。

WIM Peptan7229
ご購入場所

ペプタンIImの科学

生体内研究(1)で、ペプタンIImは1日わずか0.75 g相当の量を摂取するだけでも効果があることが証明されました。外傷後の変形性関節症のモデルでは、通常体重または肥満動物の両者で、ペプタンIImは以下の効果を示しました。

軟骨の劣化を防ぎ、潤滑を促進し

膝関節への抗炎症作用(局所炎症)が見られました。

PeptanIIm_231
ご購入場所

ペプタンにより健康な関節を維持

臨床試験(2)では、膝に問題を抱える40~70歳の女性94名にペプタンまたはプラセボが毎日8 gずつ、6か月間投与されました。

ペプタン補給により、WOMACスコアが22%と統計的に有意な減少を示し、関節の痛みが32%減少し、こわばりが44%改善されました。

ご購入場所

ペプタンは骨の健康をサポート

最近発表された研究(3)では、ペプタンは骨形成細胞の活動を刺激し、同時に骨の再吸収を抑制することが報告されました。この結果はペプタン(4)、(5)を使用したこれまでの研究結果と合致しています。

Peptan_bonemechanism
ご購入場所

専門家の意見

ペプタンとペプタンIImの基礎となる科学と知見は、更にに存在します。

免責事項

無断転載を禁じます。本書のいずれの部分についても、その形式または手段に関わらず、また、データベースに保存するか情報検索システムに保存するかにも関わらず、ルスロによる事前の書面による承諾なしに再生、配布または翻訳することを禁じます。本書のすべての内容に関する著作権はルスロがこれを独占的に所有するものとし、本書に記載された当社製品の名称および製品自体に対する知的財産権はすべてルスロに帰属するものとします。また、本書のいずれの部分も、ルスロの知的財産権のライセンスを(明示的または黙示的のいずれかに関わらず)付与するものではありません。ルスロによる事前の書面による合意なしに、製品名称、イメージ、写真、および文章の複製または使用することを禁じます。ルスロは掲載されている情報の正確性、信頼性、または完全性について明示的または黙示的のいずれかに関わらず、いかなる責任を負わず、保証を行わないものとして、掲載した情報に対する法的責任も問われないものとします。本ウェブサイトの情報の利用は、各自の判断と責任で行ってください。本ウェブサイトのいかなる部分も、各自が独自に適性の判断と試験を行うこと、およびすべての適合法および規則に準拠する義務を免除するものではなく、また第三者の権利を保護する義務を免除するものではありません。本製品は疾病の診断、治療、治癒、または予防を意図して開発されたものではありません。医療的処置や食事療法を受けている、またはリハビリ中の場合に本製品を併用する場合は、ご利用前に必ず担当の医師に相談を行ってください。本書で推奨されているルスロ製品の使用やその他の主張については、各地域の最新の規制環境に合わせて考慮する必要があります。この声明は、食品医薬品局による評価を受けていません。