Top
Peptan / コラーゲンの起源と構造

コラーゲンの起源と構造

コラーゲンのアミノ酸構成には、身体に存在する標準アミノ酸18種が含まれています。

祖先はコラーゲンを食べていた

コラーゲンは、命名されるはるか昔から、私たちの祖先の日常食の一部でした。事実、皮膚、軟骨、骨などコラーゲンを最も多く含む動物の部位を食べていたため、現在の私たちよりも多くコラーゲンを摂取していました。今日、コラーゲンが豊富な食品の例としては、フランスのアスピック(煮凝り入りのパテ・アンクルート)、イギリスのポークパイ、日本の豚骨ラーメンを挙げることができます。

Peptan_ramen

コラーゲンはどこから来たのでしょう?

天然に存在するたん白質として、コラーゲンは常に動物源由来です。
一般には以下のように区分されます。

icons-01

牛コラーゲン

Fish Icon

魚コラーゲン

Pig Icon

豚コラーゲン

Collagen molecules

コラーゲンペプチドの構造

コラーゲンペプチドは、大きいコラーゲン分子を切断して小さくし、多様な混合体(いわゆるペプチド)にすることで作られます。初期コラーゲンたん白と同様、ペプチドはグリシン、プロリン、ヒドロキシプロリンなど非常に高レベルなアミノ酸が特徴で、全体の約50%を占めます。ヒドロキシプロリンはコラーゲンに特有で、他のアミノ酸と特異的に安定した結合を形成します。そこで生じるペプチドは、コラーゲンペプチドに特有の独特な生理活性をもたらします。

コラーゲンの形質転換

コラーゲンは様々なグレードで提供される安全な天然成分です。ボーンブロス(煮こごり)、ゼラチンを使ったデザートなどの食品に含まれています。可溶性、吸収性、消化性のレベルにより、グレードの違いがあります。
ネイティブコラーゲンからゼラチンやコラーゲンペプチドへの形質転換についてご説明します。

ネイティブコラーゲン

Peptan_nativecollagen

ネイティブコラーゲンは、長いアミノ酸鎖からできた大きい三重らせん構造で構成されています。水には溶けません。典型的な用途は、コラーゲンケーシング、医療素材、火傷・創傷用海綿などです。ネイティブコラーゲンの分子量は約30万~40万です。

ゼラチン

Peptan Gelatin

ゼラチンは加水分解コラーゲンの一形態です。コラーゲンを多く含む原料から三重らせんを個別のストランド部分に分離することにより抽出します。ゼラチンは湯に溶け、冷えるとゼリー状に固まります(家庭の料理で煮こごりができるのも同じ原理です)。ゼラチンにはゲル化、発泡、乳化、結合の機能があるため、グミ、キャンディー、ゼリー、ソース増粘剤など広く料理用途に用いられます。ゼラチンは軟カプセルや硬カプセルなどの医療用途にも使われます。ゼラチンの分子量は約5万です。

コラーゲンペプチド

Collagen Peptides

ゼラチンの加水分解がさらに進むと、コラーゲンの長いストランドは小さいペプチドに分解されます。コラーゲンペプチドは冷水でも溶け、消化吸収が良好です。コラーゲンペプチドの90%以上は、摂取から数時間後に血流に入り、体内の作用箇所に効果的に到達します。コラーゲンペプチドの生体利用率について詳しく説明します。

コラーゲンペプチドは生理活性を有します。標的組織へのメッセンジャーとして働き、皮膚内の新しいコラーゲン繊維の合成と再組織を促します。多数の科学的研究により、コラーゲンペプチドの持つ健康的な老化、関節・骨の健康、スポーツ栄養、肌の美しさを含む主要分野における健康面のメリットが明らかにされてきました。
ゼラチンの加水分解がさらに進むと、コラーゲンの長いストランドは小さいペプチドに分解されます。コラーゲンペプチドは冷水でも溶け、消化吸収が良いのです。コラーゲンペプチドの90%以上は、摂取から数時間後に血流に入り、体内の作用箇所に効果的に配分されます。コラーゲンペプチドの生体利用率について詳しく説明します。

コラーゲンペプチドは生理活性を有します。目標組織へのメッセンジャーとして振舞い、合成のきっかけとなったり、皮膚内の新しいコラーゲン繊維を認識したりして、その機能に影響を与えます。多数の科学的研究により、コラーゲンペプチドの持つ健康的な老化、関節・骨の健康、スポーツ向け栄養、肌の美しさを含む主要分野における健康面のメリットが明らかにされてきました。

免責事項

無断転載を禁じます。本書のいずれの部分についても、その形式または手段に関わらず、また、データベースに保存するか情報検索システムに保存するかにも関わらず、ルスロによる事前の書面による承諾なしに再生、配布または翻訳することを禁じます。本書のすべての内容に関する著作権はルスロがこれを独占的に所有するものとし、本書に記載された当社製品の名称および製品自体に対する知的財産権はすべてルスロに帰属するものとします。また、本書のいずれの部分も、ルスロの知的財産権のライセンスを(明示的または黙示的のいずれかに関わらず)付与するものではありません。ルスロによる事前の書面による合意なしに、製品名称、イメージ、写真、および文章の複製または使用することを禁じます。ルスロは掲載されている情報の正確性、信頼性、または完全性について明示的または黙示的のいずれかに関わらず、いかなる責任を負わず、保証を行わないものとして、掲載した情報に対する法的責任も問われないものとします。本ウェブサイトの情報の利用は、各自の判断と責任で行ってください。本ウェブサイトのいかなる部分も、各自が独自に適性の判断と試験を行うこと、およびすべての適合法および規則に準拠する義務を免除するものではなく、また第三者の権利を保護する義務を免除するものではありません。本製品は疾病の診断、治療、治癒、または予防を意図して開発されたものではありません。医療的処置や食事療法を受けている、またはリハビリ中の場合に本製品を併用する場合は、ご利用前に必ず担当の医師に相談を行ってください。本書で推奨されているルスロ製品の使用やその他の主張については、各地域の最新の規制環境に合わせて考慮する必要があります。この声明は、食品医薬品局による評価を受けていません。