Top
Peptan / 科学

科学

今日では、さまざまなペプタン(Peptan)製品が、裏付けとなる強固な科学的エビデンスに基づいて認められています。

実証された栄養ソリューションに対する需要

人生のどの段階であろうと、できるだけ長く健康で美しくありたいと誰もが望みます。私たちは年を重ねると、コラーゲン生成の速度が体内で衰え、運動能力に影響を与え、老化の兆候が現れ始めます。

医学的介入や美容整形により、加齢の影響の一部を後退させることはできますが、効果は短期間で、侵襲性であることが多く、副作用も排除できません。コラーゲンペプチドなどの生理活性成分を含む栄養補助食品、機能性食品・飲料は、科学の裏付けに基づき、健康をサポートし、加齢による影響を抑えるように開発されました。

Collagen

健康上の利点

ペプタン(Peptan)コラーゲンペプチドの裏付けとなる健康面のメリットと科学を探りましょう。

Woman smiling

内部からの美しさ

内部からコラーゲン構造を強化して加齢を遅らせます。ペプタンは、美に関するコラーゲンの科学を一段階高めます。

スポーツ栄養

運動からの疲労回復を加速し、結合組織を保護し、ケガを防ぎます。ペプタンは、次のエクササイズまでのインターバルを縮めます。

Guys playing volleyball
Joint Helath

関節と骨の健康

関節と骨の最適な健康を保証し、アクティブなライフスタイルをサポートします。関節と骨の健康をペプタンにより増進します。当社の新製品ペプタンIImは、1日にわずかの量を摂取するだけでも、関節の健康を増進するよう特に設計されています。

ヘルシーエイジング

 ペプタンを活用して運動能力を高め、健康を維持し、できるだけ長くアクティブでいて、美しく年齢を重ねましょう。

Happy Senior man

コラーゲンペプチドはどのように機能するでしょう?

Diagrammatic explanation of collagen

コラーゲンペプチドの吸収

コラーゲンペプチドは消化管を通過する際に変化します。 特にコラーゲンに特有のアミノ酸であるヒドロキシプロリンは、耐加水分解性のペプチド結合を形成し、ジペプチドとトリペプチドを生成します。これらのペプチドは、腸壁を通じて血流に入り、標的細胞にメッセンジャー機能を直接発揮します。

Collagen molecules

コラーゲンペプチドの生理活性

消化過程で形成されたジペプチド・トリペプチドは、コラーゲンペプチドの本来の生理活性を保持しています。これらのペプチドは、腸壁を通じて効果的に血流へ吸収されるため、高度な生理活性を有します。皮膚、骨、軟骨など生理活性の対象組織に達すると、近くの細胞にメッセージ信号を送り、その機能にポジティブな影響を与えます。

用語集

吸収

消化された栄養物が腸から血流に吸収されます。

生理活性

標的組織の機能に対する栄養物の効果(メッセンジャー効果とも呼ばれる)。例えば、生理活性コラーゲンペプチドに反応して、ヒアルロン酸の生産が増加し、肌の潤いが増加

消化性

胃と腸で栄養素が小さく分解され、血流に吸収される効率および程度

生体利用率

栄養素が血流に吸収され、生理活性のある部位で利用できる程度、割合

免責事項

無断転載を禁じます。本書のいずれの部分についても、その形式または手段に関わらず、また、データベースに保存するか情報検索システムに保存するかにも関わらず、ルスロによる事前の書面による承諾なしに再生、配布または翻訳することを禁じます。本書のすべての内容に関する著作権はルスロがこれを独占的に所有するものとし、本書に記載された当社製品の名称および製品自体に対する知的財産権はすべてルスロに帰属するものとします。また、本書のいずれの部分も、ルスロの知的財産権のライセンスを(明示的または黙示的のいずれかに関わらず)付与するものではありません。ルスロによる事前の書面による合意なしに、製品名称、イメージ、写真、および文章の複製または使用することを禁じます。ルスロは掲載されている情報の正確性、信頼性、または完全性について明示的または黙示的のいずれかに関わらず、いかなる責任を負わず、保証を行わないものとして、掲載した情報に対する法的責任も問われないものとします。本ウェブサイトの情報の利用は、各自の判断と責任で行ってください。本ウェブサイトのいかなる部分も、各自が独自に適性の判断と試験を行うこと、およびすべての適合法および規則に準拠する義務を免除するものではなく、また第三者の権利を保護する義務を免除するものではありません。本製品は疾病の診断、治療、治癒、または予防を意図して開発されたものではありません。医療的処置や食事療法を受けている、またはリハビリ中の場合に本製品を併用する場合は、ご利用前に必ず担当の医師に相談を行ってください。本書で推奨されているルスロ製品の使用やその他の主張については、各地域の最新の規制環境に合わせて考慮する必要があります。この声明は、食品医薬品局による評価を受けていません。