Top
Peptan / スポーツ栄養

スポーツ栄養

運動後、ペプタン(Peptan)コラーゲンペプチドにより回復を促進

スポーツから得る利点を強化

スポーツとは、私たちのパフォーマンスとフィットネスのレベルを維持・向上させることです。そのためには、強度と筋肉量に関して身体を良い状態に保つ必要があります。集中的なトレーニング後に回復時間が短いと、ケガのリスクが高まることを意識する必要があります。一方、筋骨格系全体(筋肉以外にも関節、骨、腱、靱帯も含む)を強化することでケガを防ぐことができます。
ユニークな特徴のアミノ酸を持つコラーゲンペプチドには、アミノ酸グリシン、ヒドロキシプロリン、プロリン、アラニン、アルギニンが多く含まれており、スポーツ栄養学上の独自のメリットを提供します。つまりペプタン(Peptan)には、筋肉、回復、そして結合組織のサポートに関連して、いくつものメリットがあります。(1)

AdobeStock_116001122_after training

ペプタン(Peptan)は臨床試験において、運動後の回復時間を短縮できることが実証されています。(1)

基礎にある科学

 スポーツ栄養について、ペプタン(Peptan)の科学を調べましょう。

筋肉痛

最近の二重盲検、無作為、プラセボ対照の臨床試験(1)によると、イギリスではペプタン(Peptan)を摂取した被験者により、次のことが証明されました。

激しい運動後、プラセボを摂取したグループと比較して、全ての測定時点で筋肉痛が20%減少しました。

購入先

パフォーマンス

同じ研究(1)で、ペプタン(Peptan)を摂取した被験者は以下を報告しました。

運動から早く回復し、次の運動パフォーマンスが向上。

購入先

スポーツ愛好者向けペプタンIIm

軟骨の潤滑性向上は、スポーツ愛好者にとって、パフォーマンスの向上、回復時間の短縮、より速い上達を意味します。また、激しいスポーツ活動と関連するリスク因子(関節の健康に関して)の低減も意味します。ペプタンIImがどのようにアクティブなライフスタイルを支援するか、下記をご覧ください。

Triple benefit Icon

複合体による、単一原料で三つのメリット

軟骨由来のペプタンIImには、グリコサミノグリカン(GAG)と加水分解Ⅱ型コラーゲンの天然マトリックスが含まれます。最近の研究(2)で、ペプタンIImは軟骨を磨耗から保護し、潤滑を促すことが示されました。

PeptanIIm_lowdosage_icon

低用量(毎日1~3 g)

スポーツ愛好者によるサプリメント摂取の利便性を最大化するため、ペプタンIImは1日に低用量で効果があるよう特別に設計されています。

PeptanIIm_easytouse_icon

摂取しやすい

ペプタンIImは高い可溶性を備えているため、カプセル、錠剤、粉末飲料やワンショット飲料など、さまざまなタイプの最終製品が存在します。

スポーツ栄養のコラーゲンペプチドの詳細

コラーゲンペプチドによる他のスポーツ栄養面のメリットについて詳しく知りたいと思いませんか?更に詳しい情報を、当社ブログでご覧ください。

免責事項

無断転載を禁じます。本書のいずれの部分についても、その形式または手段に関わらず、また、データベースに保存するか情報検索システムに保存するかにも関わらず、ルスロによる事前の書面による承諾なしに再生、配布または翻訳することを禁じます。本書のすべての内容に関する著作権はルスロがこれを独占的に所有するものとし、本書に記載された当社製品の名称および製品自体に対する知的財産権はすべてルスロに帰属するものとします。また、本書のいずれの部分も、ルスロの知的財産権のライセンスを(明示的または黙示的のいずれかに関わらず)付与するものではありません。ルスロによる事前の書面による合意なしに、製品名称、イメージ、写真、および文章の複製または使用することを禁じます。ルスロは掲載されている情報の正確性、信頼性、または完全性について明示的または黙示的のいずれかに関わらず、いかなる責任を負わず、保証を行わないものとして、掲載した情報に対する法的責任も問われないものとします。本ウェブサイトの情報の利用は、各自の判断と責任で行ってください。本ウェブサイトのいかなる部分も、各自が独自に適性の判断と試験を行うこと、およびすべての適合法および規則に準拠する義務を免除するものではなく、また第三者の権利を保護する義務を免除するものではありません。本製品は疾病の診断、治療、治癒、または予防を意図して開発されたものではありません。医療的処置や食事療法を受けている、またはリハビリ中の場合に本製品を併用する場合は、ご利用前に必ず担当の医師に相談を行ってください。本書で推奨されているルスロ製品の使用やその他の主張については、各地域の最新の規制環境に合わせて考慮する必要があります。この声明は、食品医薬品局による評価を受けていません。