Top
Peptan / 年をとると何が起きるでしょう?

年をとると何が起きるでしょう?

30歳前後で体には変化が起きます

成人期には、コラーゲン生産量は低下を始めます。このプロセスは私たちが30歳前後になると始まり、40代で加速します。これは、避けられない外見の顕著な老化の兆候につながります。コラーゲンの喪失は自然なプロセスですが、紫外線への曝露、汚染、ライフスタイルなど他の要因によっても、老化の兆候が早期に、またはより強く現れることがあります。

AdobeStock_94235572_aging process

コラーゲンの喪失は体にどんな影響を?

コラーゲンは非常に重要であるため、それが失われると私たちの身体に多くの点で影響を受けます。

Old lady

皮膚

コラーゲンは皮膚に安定と構造を与えます。加齢が進み、コラーゲンの分解が生産を上回るようになると、皮膚は水分を失って薄くなり、老化の兆候が現れ始めます。

icons-03

コラーゲンとミネラル含有量が低下すると、骨が弱くなります。それにより徐々に骨がもろくなり、骨折しやすくなります。

icons-02

関節

老化により関節の軟骨は磨耗し、亀裂が入り、機能が低下します。これにより関節に違和感が生じ、年をとると活動が制限されるようになります。

icons-01

筋肉

加齢によるコラーゲン喪失とは、筋肉繊維を束ね、強力で機能する筋肉にする結合組織内でコラーゲンを失うことを意味します。加齢は、筋肉強度と機能の低下と結びついており、バランス、足どり、動き全体に影響します。

AdobeStock_71224225_collagen powder protein

コラーゲンを補給

ペプタン(Peptan)コラーゲンペプチドは純粋かつ生理活性のたん白であり、100%天然由来でいかなる副作用もありません。運動性や肌の美しさという健康面のメリットについては、発表された科学的根拠により裏付けられています。さらに、前臨床モデルを通じて、骨の健康を維持する上でペプタンが有効であるという結果が得られています。つまりペプタンは、筋骨格系の健康を維持する上での全身的なソリューションであり、肌の美しさの維持にも役立ちます。ペプタンIImは加水分解したⅡ型コラーゲンマトリックスであり、1日にわずかの量を摂取するだけでも関節の健康をサポートすることが証明されています。

コラーゲンペプチドを食事に加える最善の3つの方法

世界の男性・女性、そして全年齢層がますますコラーゲンペプチドを日々の食事に組み込む方法を発見し、そのユニークな健康上のメリットを享受して、アクティブで健康なライフスタイルを送っています。次の3つの方法を実行してみましょう。

好きなレシピを見つけましょう

コラーゲンペプチドを含むおいしいレシピを見つければ、きっとうまくいくでしょう。当社のレシピセレクションをご覧ください。さっそく今日から始めましょう!

完璧な製品を見つけよう

一定量を摂取する確実な方法は、自分のライフスタイルに合ったコラーゲンペプチド製品を使用することです。「ご購入場所」ページで最適な製品を見つけてください。

毎日のルーチンに加えてみましょう

ルーチンに加えることにより、一定量のコラーゲンペプチドを摂取し、健康面のメリットを確実かつ十分に享受できます。ペプタンはどの頻繁で、どの時間に摂り、いつから始めるのがよいでしょう?

免責事項

無断転載を禁じます。本書のいずれの部分についても、その形式または手段に関わらず、また、データベースに保存するか情報検索システムに保存するかにも関わらず、ルスロによる事前の書面による承諾なしに再生、配布または翻訳することを禁じます。本書のすべての内容に関する著作権はルスロがこれを独占的に所有するものとし、本書に記載された当社製品の名称および製品自体に対する知的財産権はすべてルスロに帰属するものとします。また、本書のいずれの部分も、ルスロの知的財産権のライセンスを(明示的または黙示的のいずれかに関わらず)付与するものではありません。ルスロによる事前の書面による合意なしに、製品名称、イメージ、写真、および文章の複製または使用することを禁じます。ルスロは掲載されている情報の正確性、信頼性、または完全性について明示的または黙示的のいずれかに関わらず、いかなる責任を負わず、保証を行わないものとして、掲載した情報に対する法的責任も問われないものとします。本ウェブサイトの情報の利用は、各自の判断と責任で行ってください。本ウェブサイトのいかなる部分も、各自が独自に適性の判断と試験を行うこと、およびすべての適合法および規則に準拠する義務を免除するものではなく、また第三者の権利を保護する義務を免除するものではありません。本製品は疾病の診断、治療、治癒、または予防を意図して開発されたものではありません。医療的処置や食事療法を受けている、またはリハビリ中の場合に本製品を併用する場合は、ご利用前に必ず担当の医師に相談を行ってください。本書で推奨されているルスロ製品の使用やその他の主張については、各地域の最新の規制環境に合わせて考慮する必要があります。この声明は、食品医薬品局による評価を受けていません。