Top
Peptan / ペプタン(Peptan)とは?

ペプタン(Peptan)とは?

ペプタン(Peptan)は、ルスロ(Rousselot)ヘルス&ニュートリション部門の、コラーゲンペプチドの世界的ブランドです。ペプタン(Peptan)は、複数の健康上の利点と機能性を提供するよう、特別に開発された生理活性コラーゲンペプチドです。多くの科学的な調査において、健康な生活を支えるペプタンの能力が証明されています。

どのように製造されるのでしょうか?

ペプタンの製造についてさらに詳しく。

ペプタンの多様な種類

ペプタンには2種類あります:
ペプタン(Peptan)コラーゲンペプチド、Ⅰ型とⅡ型。

Peptan1

ペプタン

ペプタンはⅠ型のコラーゲンペプチドであり、私たちの骨・皮膚にあるものと同タイプです。ペプタンは高純度の天然物であり、97%以上のたん白質が含まれています(乾燥重量ベース)。ペプタンは生理活性コラーゲンペプチドであり、加水分解され、より消化しやすくなっています。ペプタンは運動能力と肌の美しさ全般をサポートします。

PeptanIIm_231

ペプタンIIm

ペプタンIImは天然由来の加水分解Ⅱ型コラーゲンのマトリックスです。これには加水分解Ⅱ型コラーゲンが生理活性ペプチドの形状にて、またグリコサミノグリカン(GAG)が含まれています。その独特な組成は、ヒトの軟骨に見られるものと同じマトリックス成分が含まれています。ペプタンIImはまた、1日にわずかの量を摂取するだけでも関節の健康にいくつものメリットをもたらします。

ペプタンはライフスタイルにぴったりとフィット

ペプタンは、使いやすく、簡便で革新的な形状を求める方にとって完璧であり、毎日のルーチンにフィットします。

冷水によく溶けます。ペプタンパウダーはあらゆるタイプの飲料、例えばスムージーや乳飲料などとブレンドできます。

味と匂いがニュートラル。ペプタンはお好みのあらゆるレシピに組み込むことができます。

高い耐熱性。スープ、ココアや自家製ケーキに加えても、健康上の利点は変わりません。

Yogurt barries

ペプタンの優れた点

ペプタンは、品質、安全性、サステナビリティへの揺るぎないコミットメントと共に、ルスロの最新式オペレーションにより製造されています。

ペプタンを選択するこれだけの理由

強固な科学に裏付けされた健康上の利点。

品質と安全性において一切の妥協がありません。

ペプタンはコラーゲンペプチド食品のプレミアムブランドであり、最終製品として世界中で目にすることができます。

幅広いラインアップ: 牛・魚・豚を原料としています。

簡単で便利 - どのような種類のレシピにも組み込みやすく、味と匂いがニュートラルで、溶解性に優れています。

私たちのパートナーになりませんか?

ペプタンが最適なパートナーになる訳は?コラーゲンペプチドでのグローバルリーダーシップと、世界中における存在感、そして顧客中心主義文化が組み合わさることで、顧客にとって当社は親密かつ信頼できるパートナーとなります。当社は、ほぼあらゆる製品に対する要求やお考えのイノベーションについて、お手伝いします。

免責事項

無断転載を禁じます。本書のいずれの部分についても、その形式または手段に関わらず、また、データベースに保存するか情報検索システムに保存するかにも関わらず、ルスロによる事前の書面による承諾なしに再生、配布または翻訳することを禁じます。本書のすべての内容に関する著作権はルスロがこれを独占的に所有するものとし、本書に記載された当社製品の名称および製品自体に対する知的財産権はすべてルスロに帰属するものとします。また、本書のいずれの部分も、ルスロの知的財産権のライセンスを(明示的または黙示的のいずれかに関わらず)付与するものではありません。ルスロによる事前の書面による合意なしに、製品名称、イメージ、写真、および文章の複製または使用することを禁じます。ルスロは掲載されている情報の正確性、信頼性、または完全性について明示的または黙示的のいずれかに関わらず、いかなる責任を負わず、保証を行わないものとして、掲載した情報に対する法的責任も問われないものとします。本ウェブサイトの情報の利用は、各自の判断と責任で行ってください。本ウェブサイトのいかなる部分も、各自が独自に適性の判断と試験を行うこと、およびすべての適合法および規則に準拠する義務を免除するものではなく、また第三者の権利を保護する義務を免除するものではありません。本製品は疾病の診断、治療、治癒、または予防を意図して開発されたものではありません。医療的処置や食事療法を受けている、またはリハビリ中の場合に本製品を併用する場合は、ご利用前に必ず担当の医師に相談を行ってください。本書で推奨されているルスロ製品の使用やその他の主張については、各地域の最新の規制環境に合わせて考慮する必要があります。この声明は、食品医薬品局による評価を受けていません。