コラーゲンは哺乳動物に見られる最も豊富なタンパク質で、結合組織、肌、腱、軟骨および骨の主要構成成分です。コラーゲンは細胞外基質(タンパク質)であり、組織および臓器の構造や特性を維持しています。天然コラーゲンは大きな三重らせん分子で構成されています。加水分解されたコラーゲンであるペプタン(Peptan)コラーゲンペプチドは、人が消化吸収しやすいように最適化されています。ペプタン(Peptan)は97%が純粋なタンパク質で、グリシン、プロリンおよびヒドロキシプロリンを多く含んでいます。ペプタン(Peptan)には他のタンパク源では見られない生体機能的特性があります。詳しくはこちら