生物学的な分類によってコラーゲンの種類が決められます。I 型コラーゲンは骨や肌に含まれています。有機物骨質量の 90% 以上を占めており、肌、腱、靭帯の主成分でもあります。II 型コラーゲンは軟骨にある主要なコラーゲンです。精製された II 型コラーゲンはそれ単体では存在せず、グルコサミンやコンドロイチンとの組み合わせとしてのみ存在します。そのため別の製品となります。