すべての組織をまとめる結合剤の役目を果たすコラーゲン

コラーゲンは体にとって最も重要な構成要素であり、私たちの体に含まれるたんぱく質の30%を占めています。コラーゲンは、私たちの肌や軟骨、骨などを含む全組織を結合し、弾力性を持たせ、再生成を確実に行う重要なたんぱく質です。つまり、全ての組織をまとめる『結合剤』の役割を果たします。様々な体内構造や肌を健全に強化します。 

年を重ねるに度に、私たちの体内で自然に生成されるコラーゲンの量は減少し、老化の兆しが表れてきます。これは30歳頃から始まって、40代で加速します。コラーゲンの喪失は、肌や関節、骨といった全ての結合組織に影響を及ぼします。

コラーゲンは私たちの軟骨や骨、肌、髪、爪などに含まれます

体の異なる部分には、それぞれ異なったタイプのコラーゲンが含まれています。コラーゲンは、私たちの骨や関節、腱、靭帯、肌だけでなく、全ての平滑筋組織や血管、その他の器官にも含まれています。また、髪の毛や爪の主要成分でもあります。私たちの体内に含まれるコラーゲンのほとんどは、型コラーゲンです。

体内組織にある別の細胞がコラーゲンを生成しています。細胞は特有のアミノ酸とペプチドを構成要素として使用し、大きなコラーゲン螺旋構造を生成します。これが、組織を支える強い繊維を形成します。