スポーツ栄養

 

栄養素は、スポーツ選手が最高のパフォーマンスを実現する為の準備の際に、重要な役割を果たしております。たんぱく質の重要な役割については、アマチュアアスリートやアクティブな消費者の間でも良く知られていることです。スポーツ栄養における国際市場は、2019年にはおよそ377億米ドルに到達することが予測されております。この分野において、たんぱく質は最も採算が取れるカテゴリーであり、2014年には世界的な販売額が81億ドルに到達しました。たんぱく質には健康に対する利点が数多く含まれております。特にコラーゲンペプチドは、特有の生理活性たんぱく質であり、筋肉の補強を始めとした多くの恩恵をもたらします。具体的には、運動能力の向上や結合組織の保護、健康な関節の維持やサポート、怪我によるリスクの軽減などが挙げられます。

ぺプタン(Peptan)は、純粋で、体内での消化や吸収が容易に行われる為、たんぱく質製品を考案する際には最適であり、特有のアミノ酸組成で対応致します。様々な用途としても加工が容易で、栄養補助食品としてのバーや粉末の形態品に人気のあるたんぱく質原料になります。ぺプタン(Peptan)はニュートラルな風味ですので、最終製品の味や匂いを損なうことなく、添加量を高めることができる原料製品です。

コラーゲンペプチドであるぺプタン(Peptan)は、特有のアミノ酸組成により構成されています。高い水準のアミノ酸グリシンやヒドロキシプロリン、プロリン、アラニン、アルギニンが含まれており、他のたんぱく質原料には見られないような栄養面でのメリットを提供します。結果として、ぺプタン(Peptan)は、スポーツアスリートの筋肉増強やパフォーマンス、結合組織のサポートなどに多大な効果をもたらします。

科学的に実証済み

コラーゲンペプチドは、運動中及び運動後のスポーツ選手に対し、健康や栄養面において多大な効果をもたらします。以下の項目をクリックして詳しくご覧下さい。


筋肉の回復

長時間に渡り運動を行うと、酸化や膜組織の微傷、炎症反応による筋肉構造への障害が発生し、筋肉内でのたんぱく質の損失を引き起こします。運動した後で高タンパク質を摂取することにより、筋肉の同化作用が強化され、損失したたんぱく質を補強し、筋肉内のたんぱく質含有量を維持・修復することができます。そうすることで、筋肉の回復時間を短縮することができます。

 

 

筋肉の収縮を補助

細胞内にあるアデノシン三リン酸(ATP)と呼ばれる混合物が分解される時にエネルギーが生成されますが、筋肉機能はこのエネルギーに影響されます。クレアチンは、3つのアミノ酸であるグリシン、アルギニン、メチオニンから成る分子です。高負荷の運動中に筋肉の収縮を補助し、消費されたATPレベルの回復をサポートします。ぺプタン(Peptan)には20%のグリシンと8%のアルギニンが含まれており、短時間で運動パフォーマンスを向上させる為、体内でのクレアチンの生成をサポートします。また、スポーツ選手の体重増加を促進します。

 

 

運動能力の向上

経口のアルギニンサプリメントは、ほんの少量であっても運動能力に対し有益な効果をもたらします。ぺプタン(Peptan)の場合、1日に10gの摂取が奨励されております。継続することで、毎日、約1gのアルギニンが体内で生成されます。最新の研究では、5週間に渡り週5日間は1gのアルギニンとオルニチンを摂取することで、運動能力が強化されることが明らかになりました。研究では、アルギニンが下垂体から成長ホルモンを放出することによりパフォーマンスを向上させると推測しています。

 

 

関節の構造と機能をサポート

ランニングやサイクリングなどのスポーツは、しばしば反復的で強い衝撃の掛る動きを伴います。その為、これが軟骨や腱、靭帯の損傷へと繋がり、関節に過剰なストレスを与える結果になることがあります。研究では、コラーゲンペプチドが関節基質の保護に役立つ可能性が有ることが示されております。147人のスポーツ愛好家に行った研究では、コラーゲンペプチドを摂取したグループ間で、統計的に関節の痛みの大幅な軽減が見られました。コラーゲンペプチドは軟骨基質やアグリカン、Ⅱ型コラーゲンの生成を増やすことで、結合組織をサポートし、関節の不快感や損傷を抑えます。

 

 

満腹効果

たんぱく質は、摂取した人に最も満腹感を与える主要栄養素として知られています。その為、食欲を抑えることで、目標としている健康や体重調整を実現するのに役立ちます。コラーゲンペプチドであるぺプタン(Peptan)は、体重管理の用途において、個人の体重を減らしたり維持したりする機能が優れています。2006年にINRA-AgroParis Tech(フランス・パリ)のLaboratory of Physiology and Ingestive Behavior が実施した体内研究では、その他のたんぱく質品と比べて、ぺプタン(Peptan)の方が体重管理用途において、より効果的であることが示されました。

2009年の研究では、人に対する満腹効果の点で、その他のたんぱく質品よりもコラーゲンペプチドの方が優れていることが証明されています。研究では、コラーゲンペプチド単体か、もしくはトリプトファンを補充したものと、カゼインや大豆たんぱく、乳清とを比較しました。その結果、コラーゲンペプチドの方が3050%の範囲で満腹効果が大きいことが示されました。