科学的な調査で立証済み

生体活性を確保する為には、標的となる組織に対し優れたバイオアベイラビリティ(生物学的利用能)を持つことが最も重要となります。ぺプタン(Peptan)においては、高い消化率と優れた吸収性が立証されています。ぺプタン(Peptan)の90%以上は消化され、1時間以内に血流内の小さなペプチドになります。血液からペプチド(独特なアミノ酸であるヒドロキシプロリンを含む)が、肌や骨、軟骨などの標的組織に移動します。そこでローカル細胞の成分となり、新しいコラーゲン繊維の生成を促進するのです。

優れた消化率

人体の胃腸における消化状況を模倣した模型を使用して、様々な種類のぺプタン(Peptan)の消化率を検査しました。 

  • ペプタン(Peptan)の90%以上が、分子量2000ダルトン以下のペプチドへと消化されました。このサイズは腸が消化し易い大きさです。ぺプタン(PeptanP(豚)、B(牛)、F(魚)の全ての結果は皆同様に良好でした
  • この結果は類似した研究を裏付けるものであり、ペプタン(Peptan) は摂取された後、簡単かつ完全に消化されることが示されました

優れた吸収性

体内研究では、ペプタン(Peptan)を摂取してから24時間経過した後の様々な時点で、血液内のペプチド結合のヒドロキシプロリンが計測されました 

  • ペプタン(Peptan)は急速に吸収されました。摂取後30分~1時間後に吸収のピークを迎えました
  • 結果として、ペプタン(Peptan)は血液内で非常に効率的に吸収されました

これらの結果は、コラーゲンペプチドが血液内に高濃度で吸収されることを示しています。これは、他の研究報告の結果にも一致するものです。

コラーゲンペプチドの高いバイオアベイラビリティ

標識したコラーゲンペプチドを使用した複数の体内研究で、ペプチドが血液内に入った後、結合組織に到達したことを示しています。

  • 標識は、摂取してからほんの1~2時間後に、軟骨、骨、筋肉や肌などのさまざまな細胞で見つかりました。肌においては、14日後でも依然として高いレベルの標識が検知されました。
  • この研究では、コラーゲンペプチドが標的組織に効率的に到達して、そこで有益な作用を発揮することを裏付けています。