健康的な高齢化社会を促進する栄養製品に絶好の機会

世界中で人口が高齢化している中、消費者は加齢に伴う諸症状への解決対処法を求めております。また、人々がより長い期間において活動的であり続けることへのニーズが急速に高まっております。その為、一般食品や健康食品などの製造メーカーにもたらされるビジネスチャンスは計り知れません。コラーゲンペプチドとしてのぺプタン(Peptan)は製品の栄養面を強化しますので、高齢化した消費者の活動能力を持続させ、生活の質を改善させることができます。健康面での実証効果を伴った解決提案型の製品を検討している製造メーカーにとって、ぺプタン(Peptan)は最適の製品となります。

できるだけ長く健康で活動的な状態を維持

栄養素は、高齢者の活動能力と健康全般の維持に重要な役割を果たします。残念なことに、食欲不振や嚥下障害、社会的背景など健康に関わる理由により、高齢者は栄養不足になり易い傾向にあります。高齢者人口の増加に伴い、政府の健康保険政策はコスト高騰のプレッシャーを受けております。そこで、加齢に伴う症状を防止する為に、国民に対して体に良い食品を食べることを奨励しています。消費者も、高齢者になった時に備えて、筋骨格の健康を積極的に維持する考え方へと意識を変えています。高齢者にも意識の変革が見受けられます。高齢化による負の影響を遅らせることや、筋骨格の健康維持、アクティブなライフスタイルを目指して、より積極的に健康的な食事の摂取を心掛けるようになりました。食事において十分なたんぱく質を摂取することが、加齢による筋肉や体力の衰え防止に不可欠です。栄養補助食品やたんぱく質を豊富に含んだ食品・飲料を摂取し、毎日のたんぱく質の摂取量を増やすことで、多くの高齢者が恩恵を受けることができます。

高齢者にとって、関節、骨、筋肉は3つの主要な懸念事項です。ぺプタン(Peptan)はこれらの懸念に対処することが可能で、健康的な高齢者をサポートすることが出来る生理活性たんぱく質です。


ペプタン(Peptan)の効能は科学的な研究で立証されています

ぺプタン(Peptan)は市場で幅広く研究されているコラーゲンペプチドです。消費者の活動能力を促進する能力が有り、そのことは多くの科学的根拠に裏付けされております。ぺプタン(Peptan)は、体内でより多くのコラーゲンやその他の主要成分の生成を促進させます。また、体内組織の細胞を刺激することで、結合組織も同時にサポート出来る特性を有します。広範囲な研究により、ぺプタン(Peptan)は関節や骨を強化する効果も立証されております。更に、筋肉量や筋力の改善もサポートします。

ぺプタン(Peptan)は、関節、骨、筋肉の主要な3項目に同時に効果を発揮することで、消費者の活動能力を促進します

関節の健康

関節への損傷が、高齢者にこわばりや不快感を与えています。コラーゲンは、関節に有効な健康補助食品として、急速に認知されるようになりました。ぺプタン(Peptan)は、試験管試験や体内試験、臨床試験などの科学的研究調査により、関節機能の改善や不快感を緩和する機能が立証されています。

健康な関節の維持

無作為に選ばれた、プラセボを対照とした二重盲検臨床試験において、膝関節に問題を抱えた(変形性関節症分類:0-レベル)4070歳の94名の女性に対して、6ヵ月間毎日8gのぺプタン(Peptan)、又はプラセボを提供しました。

  • WOMAC スコアは、患者の関節の健康を臨床的に評価する国際標準方法です
  • ペプタン(Peptan)摂取の場合では、WOMAC スコアが -24% と統計的に大幅な減少を示し、関節の痛み減少の 32% 減、こわばりの改善の 44% に繋がっています(下位尺度得点)。

 

 

関節機能が改善

同じ研究において、ペプタン(Peptan)が同じ女性グループの膝関節の機能を改善できるかどうかに対しても調査が行われました。

  • Lysholm スコアは日常生活の活動における膝運動の改善とつながりがあります。
  • ペプタン(Peptan)摂取の場合には、 Lysholm スコアが 7% と統計的に大幅な増加をに示し、時間の経過とともに改善されることが立証されています。   

 

 

軟骨細胞(軟骨の細胞)を刺激

試験管研究において、関節組織を構成するアグリカンと II 型コラーゲンの主要な軟骨成分の生成を誘発させるペプタン(Peptan)の能力を立証するため、一次軟骨の細胞(軟骨細胞)を異なる濃度のペプタン(Peptan)存在下で 8 日間培養しました。

  • ペプタン(Peptan)摂取すると、関節細胞付近のアグリカンと II 型コラーゲンの再生発現を刺激されることが立証されました。

Cartilage-regenerative and anti-inflammatory effects of Peptan

A new in vivo study3 confirms Peptan's role in supporting joint health, providing scientific documentation of the mechanisms behind cartilage regeneration and joint inflammation reduction. Peptan is:

  • Cartilage-regenerative
    it preserves cartilage area during osteoarthritis development
  • Chondro-regenerative
    it stimulates chondrocyte proliferation (increased number) and stimulates proteoglycan synthesis.
  • Anti-inflammatory
    it normalizes synovial thickness and reduces production of the inflammatory marker TNF.

Find out more details about this study

Read press release

Download whitepaper 


骨の健康

頑丈な骨の維持は、高齢期の骨折のリスク軽減に繋がります。コラーゲンはミネラルが堆積する構造骨組を形成します。栄養補助食品として摂取した場合、コラーゲンペプチドは試験管内、体内及び臨床試験で示されているように、健康的で頑丈な骨をサポートします。ぺプタン(Peptan)は骨組織内のコラーゲンの体内生産を促進し、骨芽細胞(骨形成細胞)を誘発して、骨のサイズおよび硬さを強化します。

ぺプタン(Peptan)は、カルシウム及びビタミンDと組み合わせることが理想的で、そうすることにより、骨の健康における最適な効果を得ることができます。

骨ミネラル密度の修復

体内研究において、閉経後女性 (Ovx) の骨量の低下(骨減少症)を模倣したモデルを使用して、ペプタン(Peptan)を補うことによる効果が調査されました。実験群(Ovx + ペプタン)は、正常食(適切な量のカルシウム、たんぱく質、ビタミン D を含む)に加えて、3 か月間毎日ペプタン(Peptan)を摂取しました。Ovx とコントロールの実験群は、正常食のみを摂取しました。

  • ペプタン(Peptan)の摂取により、実験群の骨ミネラル濃度 (BMD) が正常値に修復されました。それに対して、コントロール実験群では BMD が軽減しました。 

 

 

骨の強度を改善

上記の研究において、骨の微細構造と強度に対しても調査が行われ、以下が立証されました。

  • コントロール実験群と比較して、ペプタン(Peptan)摂取グループでは骨の強度が増大しました。 

 

 

骨芽細胞(骨形成細胞)を刺激

ぺプタン(Peptan)が骨の健康に効果を及ぼす仕組みは広く認知されています。例えば、以下の試験管研究においては、ぺプタン(Peptan)を制御たんぱく質と比較するため、一時骨細胞をぺプタン(Peptan)存在下で2週間培養しました。

  • ペプタン(Peptan)の摂取により、骨細胞(骨形成細胞)の形成が促進され、その活動は刺激を受けました。それに対して、骨吸収細胞(破骨細胞)の活動は抑制されました。制御たんぱく質 (BSA) では同じ効果は示されませんでした。 

筋肉の健康

サルコぺニアは、加齢による筋肉量とその機能低下を生じます。この症状に対抗する為には、運動と簡単に消化されるたんぱく質の適量摂取が不可欠となります。推奨されるたんぱく質の摂取量は、健康な成人の場合で1日当たり体重1キロに対し0.8gです。高齢者はより多くの量を摂取することで恩恵を得ることが出来ますが、一般的に高齢者の食事においてたんぱく質は不足しがちなため、大抵の場合は恩恵を得られておりません。その点において、生理活性たんぱく質であるぺプタン(Peptan)は、高齢者の筋肉量維持に役立ちます。

筋肉量の維持

二重盲検交差試験では、乳たんぱくか、又はコラーゲンペプチドを、6585歳の高齢女性に栄養補助食品として摂取してもらい、各被験者の窒素バランスを比較しました。

  • 研究期間中、乳たんぱくを摂取した女性グループは体重が減少し、窒素排出が増加しました。一方、コラーゲンペプチドを摂取した女性グループでは、これらのパラメータは安定した状態を保ちました。
  • コラーゲンペプチドは、乳たんぱくと比較しても、高齢の女性の窒素バランスを維持し、脂肪の少ない体を維持することに優れていることが分かりました。

パンフレットのダウンロード

Download brochure

健康的な老化に関するリーフレットをダウンロード

Download whitepaper

Download infographic

Download infographic

Download infographic