内側からの美容

外見に関わる問題は誰もが知るところです。美容業界は非常にダイナミックで、新しい技術や自然科学の飛躍的進歩への適応性も備えています。その収益は2020年には740米億ドルに達すると予測されています。現在は、収入の上昇やライフスタイルの変化、健康と美容に関する科学への認識の高まりなどが市場成長の原動力となっております。市場では以前よりも多くの品揃えが求められております。消費者は容姿の美しさを追求し、普遍的で効果的な方法を求めています。

外見が美しい肌を保つ為には、内側の健康基盤を確立することが必要です。多くの研究結果において、栄養素の中でも特にコラーゲンペプチドがいかに肌を改善させるかについて指摘しております。日に日にその声は高まっております。問題解決の為の『内側からの美』を促進する美容向け製品としては、肌を内側からサポートする栄養剤が効果的です。

ペプタン(Peptan)が美肌を強化

コラーゲンペプチドであるぺプタン(Peptan)は、美容向け製品向けの主要な生理活性原料として世界的に認識されています。ぺプタン(Peptan)は、安全な生理活性ペプチド製品です。皮膚組織に特定の効果をもたらし、体内での消化吸収が非常に優れた最適な製品です。ぺプタン(Peptan)は、アジア圏外でも美容産業の成長に寄与しており、欧州市場でも著しく人気が上昇しています。信頼性のある科学研究が進められており、競争市場で差別化を図る美容製品メーカーに対しては重要な情報を提供しています。

Journal of Cosmetic Dermatology に掲載された当社の最新の記事をご覧下さい


科学的に実証済み

コラーゲンペプチドであるぺプタン(Peptan)は、市販されている製品の中でも最も広く研究されております。アンチエイジングにおける効能も十分に証明されており、1ヶ月間のみの使用で目に見える効果が発揮されたことが複数の臨床試験で証明されています。

30歳前後の年齢になると、皮膚細胞(繊維芽細胞)の活動が弱まり、コラーゲン密度の喪失につながります。そのことにより、シワの形成や保水性の欠乏、肌の張りの喪失など、目に見える老化の初期兆候が現れ始めます。

ぺプタン(Peptan)はこの様な加齢効果に作用して、肌を強化し、内側から肌のコラーゲン網の状態を再構成させることで、より若々し容姿を保ちます。ぺプタン(Peptan)はヒアルロン酸の生成を刺激することで、肌を潤す効果も有ります。ぺプタン(Peptan)の効能は、様々な実証によって裏付けされております。女性に対する3つの比較試験もこれを裏付けています。

ペプタン(Peptan)摂取後 0 週、4 週、12 週目にコラーゲン分解が減少

肌における加齢の影響を回復させます

無作為に選ばれた、プラセボを対照とした二重盲検臨床試験において、4065歳の106名の女性が3ヵ月間毎日10gのぺプタン(Peptan)又はプラセボを摂取しました。

  • ペプタン(Peptan)では、真皮の深層でのコラーゲン分解が大幅に軽減されました。ペプタン(Peptan)の摂取後 4 週間で 18%、12 週間後には 31% もの減少となりました。 
  • ペプタン(Peptan)は、皮膚の老化によって起こる構造上のダメージを元に戻すことで、皮膚コラーゲンの質の改善をサポートします。

ペプタン(Peptan)摂取後 0 週、4 週、12 週目にコラーゲン密度が増加

皮膚コラーゲンの密度を増加

同臨床研究において、真皮のコラーゲンの密度に対しても調査が行われ、以下が証明されました。

  • ペプタン(Peptan)は摂取から 4 週間後に、真皮のコラーゲンの密度が 9 % と大幅に増加しました。
  • ペプタン(Peptan)は、皮膚基質の構造と健全性を維持することで、アンチエイジング効果をもたらします。

ペプタン(Peptan)摂取後 0 週、4 週、12 週目に肌の水分量が増加

基底層における酸 GAG (グリコサミノグリカン)で占領された表面のパーセンテージ

コラーゲン合成を促進

無作為に選ばれた、プラセボを対照とした二重盲検臨床試験において、4059歳の33名の女性が2ヵ月間毎日10gのぺプタン(Peptan)またはプラセボを摂取しました。

  • ペプタン(Peptan)の場合、摂取から 8 週間目には肌の水分が 28% 増加しました。
  • ペプタン(Peptan)は、肌の水分量を増やすことで、 老化によく見られる乾燥肌を防ぐことができます。

ヒアルロン酸 (GAG) 合成を促進

同じ生体外研究において、組織学的分析で酸性グルコサミノグリカン(GAG)がアルシアンブルー染色によって可視化されました。

  • ペプタン(Peptan)摂取の場合には、表皮にある酸性 GAG の量が用量依存的な方法で最大値まで大幅に増加し、+745 % の増加となりました。この増加は、主に肌の主要な酸性 GAG であるヒアルロン酸に現れています。
  • ペプタン(Peptan)は表皮の水分を結合させるヒアルロン酸の量を増やすことで、肌の水分量を改善するのに役立ちます。