活動的なライフスタイルを楽しみ、高齢になっても活動能力を維持したいと考えることにより、益々多くの消費者が若い時期から関節と骨の健康を自覚する様になりました。特にスポーツに取り組む人は、しばしば関節に負担を感じることがあります。世界中で高齢者人口が増加する中、栄養補助食品メーカーにとっては、この市場に参入して今日の消費者の要求に応えることで、新たなビジネスチャンスを得ることが出来ます。

コラーゲンペプチド:第二世代の関節用原料

従来、市場ではグルコサミンとコンドロイチンが関節の健康に対する有効成分として知られていました。しかしながら、コラーゲンペプチドを始めとする第二世代原料への需要が高まってきています。SPINS が収集したデータによると、コラーゲンの販売調査では、2013年11月から2014年12月にかけて 160 万ドルから 210 万ドルに増加し、33.5パーセントの成長となりました。

健康な関節をサポートするコラーゲンペプチドの効能は、多くの科学的研究調査により裏付けられています。安全で無添加のコラーゲンペプチドは、体内における軟骨の重要な構成要素です。その為、高齢者だけでなく、ランニングやサイクリングなどを頻繁に行うアスリートにとっても有効で理想的な原料です。コラーゲンペプチドであるぺプタン(Peptan)は大変特殊な特性を有し、科学的根拠に基づいた優位性を提供できる原料です。関節に有効な健康食品は消費者の需要が高くなっており、ぺプタン(Peptan)は、その主要な有効成分として最適な原料の一つです。 

関節や骨の健康をサポートする製品向けの、特別な原料をお探しですか?


科学的に実証済み

関節の健康

コラーゲンは軟骨組織の主要な構成成分であり、体内で十分な必要量を保持することが、健康で柔軟な関節を維持するのに不可欠です。コラーゲンペプチドであるぺプタン(Peptan)は、関節の機能を改善し、関節の痛みを緩和する効能を有します。そのことは科学的な研究調査に裏付けられています。

健康な関節の維持

無作為に選ばれた、プラセボを対照とした二重盲検臨床試験において、膝関節に問題を抱えた(変形性関節症分類:0-レベル)4070歳の94名の女性に対して、6ヵ月間毎日8gのぺプタン(Peptan)、又はプラセボを提供しました。

  • WOMAC スコアは、患者の関節の健康を臨床的に評価する国際標準方法です
  • ペプタン(Peptan)摂取の場合では、WOMAC スコアが -24% と統計的に大幅な減少を示し、関節の痛み 32% 減、こわばり改善の 44% に繋がっています(下位尺度得点)。

関節機能が改善

同じ研究において、ペプタン(Peptan)が同じ女性グループの膝関節の機能を改善できるかどうかに対しても調査が行われました。

  • Lysholm スコアは日常生活の活動における膝運動の改善と繋がりがあります。
  • ペプタン(Peptan)を摂取した場合、 Lysholm スコアが 7% と統計的に大幅な増加を示し、時間の経過と共に改善されることが立証されています。   

 

 

軟骨細胞を刺激

試験管研究において、関節組織を構成するアグリカンと型コラーゲンの主要な軟骨成分の生成を誘発させるぺプタン(Peptan)の能力を立証する為、一次軟骨の細胞(軟骨細胞)を異なる濃度のぺプタン(Peptan)存在下で8日間培養しました。

  • ペプタン(Peptan)を摂取した場合には、関節細胞付近のアグリカンと II 型コラーゲンの再生発現が刺激されることが立証されました。

骨の健康

骨は生きた組織であり、再形成を行います。この点において、生涯を通じて健康的な骨密度を確保して骨折を防ぐ為にも、骨内のバランスを維持することは重要となります。コラーゲンは、骨内に有機骨格を作り、堆積したミネラルと共に骨の柔軟性や強度を改善します。

カルシウム、ビタミンD、たんぱく質は骨の健康にとって重要な栄養素です。コラーゲンは、骨の柔軟性向上や衝撃吸収力をサポートする機能が有ります。コラーゲンペプチドであるぺプタン(Peptan)は純粋なたんぱく質であり、カルシウムやビタミンと共に骨の健康をサポートします。

米国の有用栄養物審査会が実施した調査では、29%の回答者が骨の健康を改善するために健康補助食品を摂取していることが判明しました。その内の36%の回答者は55歳以上でした。また、若い世代も予防として骨の強化を検討しております。調査では、1834歳の回答者が17%3554歳の回答者が31%を占めていました。

コラーゲンペプチドを含む栄養補助食品は、複数の試験管内や体内、臨床試験で確認されている様に、骨をサポートすることが出来ます。ぺプタン(Peptan)の研究では、コラーゲンペプチドが骨組織内のコラーゲンの体内生産を促進し、骨芽細胞(骨形成細胞)を誘発して、骨の大きさや硬さを強化することが確認されました。

骨ミネラル密度の修復

体内研究において、閉経後女性(Ovx)の骨量の低下(骨減少症)を模倣するモデルを使用して、ぺプタン(Peptan)を補うことによる効果が調査されました。実験群(Ovx + ぺプタン)は、正常食(適切な量のカルシウム、たんぱく質、ビタミンDを含む)に加えて、3ヶ月間毎日ぺプタン(Peptan)を摂取しました。Ovxとコントロールの実験群は、正常食のみを摂取しました。

  • ペプタン(Peptan)の摂取により、実験群の骨ミネラル濃度 (BMD) が正常値に修復しました。それに対して、コントロール実験群では BMD が軽減しました。 

骨の強度を改善

上記の研究において、骨の微細構造と強度に対しても調査が行われ、以下が立証されました。

  • コントロール実験群と比較して、ペプタン(Peptan)摂取グループでは骨の強度が増大しました。 

骨芽細胞(骨形成細胞)を刺激

ぺプタン(Peptan)が骨の健康に効果を及ぼす仕組みは広く認知されています。例えば、以下の試験管研究においては、ぺプタン(Peptan)を制御たんぱく質と比較するため、一次骨細胞をぺプタン(Peptan)存在下で2週間培養しました。

  • ペプタン(Peptan)の摂取により、骨細胞(骨形成細胞)の形成が促進され、その活動は刺激を受けました。それに対して、骨吸収細胞(破骨細胞)の活動は抑制されました。 制御たんぱく質 (BSA) では同じ効果は示されませんでした。